MENU
ヘッダー画像

お役立ち情報

LINEで送る

覚えておきたい着物の豆知識~留袖~

「留袖(とめそで)」といえば、結婚式に出席する親族が着る着物というイメージですよね。
留袖には「黒留袖」と「色留袖」の2種類ありますが、その違いを知っていますか?
今回は、大人のマナーで着物美人になれちゃう!?結婚式に出席するときの留袖の選び方や小物合わせについてご紹介します。

留袖はどんな着物なの?

留袖(とめそで)は、既婚・未婚の女性が着る着物の中で最も格が高い、第一礼装です。
地色が黒の留袖を「黒留袖(くろとめそで)」、地色が黒以外の留袖を「色留袖(いろとめそで)」といいます。
裾部分にのみ絵羽模様(縫い目をまたいでも途切れることのない1枚の絵画のようになる模様)が描かれた、主に結婚式に出席する親族が着用する祝儀用の着物です。

ミセスの第一礼装、黒留袖

結婚式の着物_留袖_黒留袖

地色が黒の留袖「黒留袖」は、結婚式や披露宴で新郎新婦のお母様をはじめ、祖母や叔母、姉妹などの親族や、仲人夫人など、新郎新婦に近い関係の方が着る、既婚女性の礼装です。「江戸褄(えどづま)」とも呼ばれていますね。
背中と両胸と両脇の五か所に実家もしくは婚家の家紋を入れて着用します。

ミス・ミセスの第一礼装、色留袖

結婚式の着物_留袖_色 留袖

地色が黒以外の留袖「色留袖」は、紋の数によって格が変わるため、礼装から略礼装まで様々なシーンで既婚・未婚の区別なく着ることのできる着物です。
五つ紋を付けて比翼仕立てにすれば、黒留袖と同格の装いで第一礼装になりますが、最近は着用の幅を広げるため三つ紋や一つ紋にして、略礼装として着る方も多いですよ。

結婚式での着物選び

結婚式の着物_黒留袖_色留袖_きもの選び

新郎新婦の親族(母親・姉妹・叔母・従姉妹)または仲人の方

新郎新婦の母親は、1番格の高い「五つ紋の入った黒留袖」を選びましょう。
新郎新婦の親族(姉妹、叔母・従姉妹)は、未婚のお若い方は「振袖」、既婚の方は「黒留袖」や「色留袖」、優しい色味の「訪問着」が一般的です。
仲人の方は「黒留袖」を選ぶと良いでしょう。
ただし、結婚式や披露宴では両家親族の「装いの格」を揃えるのが理想なので、事前に打ち合わせをしておくと安心ですね。

新郎新婦のゲスト(友人・知人)の方

色留袖は紋の数が多いほど格が高くなるので、ゲストで参列される方が五つ紋を着ることはマナー違反になりますよ。
また、親族限定の着物ではありませんが、色留袖を着ていると、どうしても親族側に見られてしまいがちです。
ゲストで参列する場合には、未婚でお若い方であれば「振袖」、訪問着をお持ちであれば「訪問着」を選んでいただくのが無難だと思いますよ。

結婚式で着る留袖の小物合わせ

結婚式の着物_留袖_小物合わせ
黒留袖や五つ紋付きの色留袖には、礼装用の小物を合わせます。帯揚、帯〆は、白地か白に金銀をあしらったものにしてくださいね。重ね衿や襦袢、足袋も白色のものを選ぶのがマナーです。
ただし、最近の留袖は比翼仕立て(襟・袖・裾などの裏側に白い生地を付けて重ね着をしているように見せる仕立て方)をしていることが多く、その場合は重ね衿を用意する必要はありませんよ。
もし、比翼仕立てでない留袖をそのまま着ると訪問着と同じ略礼装の格となってしまうため、本襲(薄い下着・白の羽二重)を着たり、お仕立て直しをする必要があります。昔の留袖を着るときはチェックしてくださいね。
また、お祝いの礼装ですので、草履・バッグは金銀をあしらわれたものを選び、扇子は帯の左側にさします。
色留袖を略礼装として装う場合には、品の良い淡い色の小物を合わせるのがオススメですよ。

まとめ

留袖は結婚式などフォーマルシーンで着用する着物なので、きちんとマナーを知り、格式の高い装いで、お祝いの席に華を添えたいですね♪

LINEで送る

お知らせ

和わ・和ゆうWEBサイトリニューアルのお知らせ

日頃より、和わ・和ゆうのWEBサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、スマートフォンやタブレット端末からもご覧いただけるレスポンシブ対応にするとともに、サイトを全面的にリニューアルいたしました。
これから皆様の着物ライフのお役に立つ情報のご提供や、内容の充実に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。