MENU
ヘッダー画像

お役立ち情報

LINEで送る

知っていると得をする!袋帯のたたみ方♪

あなたは帯の正しいたたみ方を知っていますか?とりあえず折っておけば大丈夫!と油断している方は要注意!!帯は結んで使うものなので、着物よりもシワや折り目がつきやすいのです。
とはいえ、基本を押さえれば簡単で綺麗にたためます。ぜひマスターして大切な帯をいつでも美しく、長く、お使いくださいね。

礼装からカジュアルまで幅広く使える「袋帯」のたたみ方

袋帯のたたみ方は、基本的に帯を重ねて3回折るだけの簡単3ステップです。同じように名古屋帯の開き仕立てや半巾帯もたためます。ぜひマスターしてくださいね♪
また、金糸、銀糸、箔、刺繍といった繊細な部分は和紙をあてて保護してあげましょう。そして、帯に汚れがつかないように、たとう紙や衣裳敷などを敷いた上でたたむようにしてくださいね。

① 帯の裏面を上にして広げ、二つ折りにします。

※二つ折りにしたときに柄のある表面が上にきます。
※折り返し部分に芯(真綿や和紙を棒状にしたもの)を挟むことで、たたみやすく、シワの予防になりますよ。

② さらに二つ折りにします。

※こちらも折り返し部分に芯(真綿や和紙を棒状にしたもの)を挟むことで、たたみやすく、シワの予防になりますよ。

③ 最後にもう一度二つ折りにします

※最後も折り返し部分に芯(真綿や和紙を棒状にしたもの)を挟むことで、たたみやすく、シワの予防になりますよ。

知って得する!お太鼓部分のシワを防ぐたたみ方

基本通りにたたんだ場合、帯の結び方によって、お太鼓部分などの目立つ位置に折りシワが入ってしまうことがありませんか?
そんな悲しい思いをしないために、お太鼓部分のシワを防ぐたたみ方をご紹介しますね♪

① 手先が左側になるように帯の裏面を上にして広げて、手先を20cm程度内側に折ります。

※内側に折る幅は、お太鼓部分の柄の出方やタレ先と柄合わせしたい部分などに合わせて調整してくださいね。

② 手先を折った長さに合わせて、基本のたたみ方と同じように二つ折りを繰り返して完成です。

※通常は帯が8等分になるようたたみますが、6等分にたたむことで、手先を先に折る手間なくお太鼓部分のシワを防ぐことができますよ。
ただし、収納スペースを多く取ってしまうため、スペースに余裕のある方はお好みでたたみ方をお選びくださいね。

まとめ

「1枚の着物に帯3本」という言葉があるほどなので、着物以上に多くの帯を持ってコーディネートを楽しんでいる方が多いのではないでしょうか?
帯を正しくたためば、美しくコンパクトに収納ができて、次も気持ちよく使うことができますよ♪ぜひ正しいたたみ方をマスターして、もっとオシャレを楽しんでくださいね!

LINEで送る

お知らせ

和わ・和ゆうWEBサイトリニューアルのお知らせ

日頃より、和わ・和ゆうのWEBサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、スマートフォンやタブレット端末からもご覧いただけるレスポンシブ対応にするとともに、サイトを全面的にリニューアルいたしました。
これから皆様の着物ライフのお役に立つ情報のご提供や、内容の充実に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。