MENU
ヘッダー画像

お役立ち情報

LINEで送る

着物とは少し違います!長襦袢のたたみ方

着物を着るときに欠かせない、長襦袢。着物のたたみ方は知っているけど、長襦袢は特には気にしたことがない…なんて方はいませんか?
長襦袢は、着物で隠れるから多少のシワがあっても大丈夫~なんて油断していると、意外と目につく衿や袖口、裾からチラリと見えたときに恥ずかしい思いをしてしまうかも。
いざというときに困らないよう、正しい長襦袢のたたみ方を覚えて着物美人を目指しましょう!着物のたたみ方よりも簡単ですよ♪

着物よりも簡単!長襦袢のたたみ方

長襦袢をたたむときは、衿芯を外してくださいね。外した衿芯は折りあとがつかないように、くるくる丸めて輪ゴムなどで留めておきましょう。
半衿も、外してお手入れすることをオススメします。
長襦袢も着物と同じように、左手側に衿肩、右手側に裾がくるように置くのが基本です。汚れがつかないように、たとう紙や衣裳敷などを敷いた上でたたむようにしてくださいね。

① 長襦袢の裾を右にして平らに広げたら、両脇の縫い目(脇縫い)から下前、上前の順に整えて重ねます。

② 下前の脇縫いを持って、身頃を中心に向かって折り返します。

③ 右袖を手前に折り返します。

※袖口が下前の折り目から1~2cm内側になる位置が目安です。

④ 上前(左側)も同じように、身頃と袖を折り返します。

⑤ 裾を持って、身丈を二つ折りにします。

※三つ折りにするときは、裾をたたまれて内側に入っている、袖よりも右側の位置を目安に一度折って、それから二つ折りにすると袖に残る折り目が少なくなるのでオススメですよ♪

まとめ

長襦袢のたたみ方はいかがでしたか?正しいたたみ方をすると、長襦袢のシワを防いで、コンパクトに収納することができますよ。
もちろん、たたむ前の陰干しやお手入れもお忘れなく!長襦袢の汚れを見つけたときは、そのまま片付けてしまわないで、専門店にご相談くださいね。

LINEで送る

お知らせ

和わ・和ゆうWEBサイトリニューアルのお知らせ

日頃より、和わ・和ゆうのWEBサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、スマートフォンやタブレット端末からもご覧いただけるレスポンシブ対応にするとともに、サイトを全面的にリニューアルいたしました。
これから皆様の着物ライフのお役に立つ情報のご提供や、内容の充実に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。