羽田友禅 三代継承展

催事日程

2023年2月3日(金)〜5日(日)

開催店舗

和わ豊明店

羽田 登喜男 三代継承友禅

羽田登喜男氏は「友禅」の部門において1988年(昭和63年)人間国宝(重要無形文化財)に認定されました。主な認定理由としては、加賀友禅の写実性と京友禅の華麗な雅やかさを融合させ、独自の作成を示しました。その人間国宝認定の決め手とされたのは「友禅技術の高さ」と「芸術性の高さ」が評価されたと言われています。
そしてその人間国宝認定に至る過程に於いては、「日本工芸会」役員としての業績と「日本伝統工芸展」における長年の活躍があります。
 数々の受賞歴や叙勲の輝かしい経歴の積み重ねの結果としての「人間国宝」認定ですが特筆すべきなのは、昭和57年から昭和59年にかけて完成された『祇園祭蟷螂山(とうろうやま)の胴掛(飾り)』の制作です。
この時描かれた「おしどり柄」が大変評判となりそれ以来「おしどり」=「羽田登喜男」のイメージが定着したと言われています。
 晩年は後進の育成にも励み業界の繁栄に尽力されました。数々の功績を重ねながらももっとより良いもの制作する熱意は2007年10月10日、高齢のため制作活動を終了するまで絶えることはなかったと言われています。

ついに開催 三代継承展

2023年は和わ㈱尾東が創業より三十周年を迎える特別な年になります。
そのメモリアルイヤーにいまだかつてない特別なイベントを開催しようと二年前から段取りしてまいりました「羽田友禅 三代継承展」がいよいよ開催できるはこびとなりました。

イベント期間中は羽田登喜男先生の貴重な遺作の展示、また登先生、登喜先生が描いた作品の出品、さらには登先生・登喜先生をホテルプラザ勝川に招いての特別講演会とまたとない機会を作ることができそうです。

1995年、羽田登喜男氏が85歳の春に完成させた大作「清涼素秋」訪問着を期間中特別展示いたします。作家として晩年の力作で、特有のぼかし表現や蒔糊を使った技法で、穏やかに移り行く季節の表情を表現し、鴛鴦が優雅に水面に浮かぶ姿は見る人を一瞬のその風景を写し取ったかのような世界に引き込む羽田登喜男氏の作品の特徴である写実性と華やかさが融合された、まさに羽田友禅の奥深さが伝わる作品です。
 この作品を手掛けるにあたり羽田登喜男氏は今まで受けてきた数多ある受賞や築いた地位、評価にたゆまず、まだまだより良いものを作っていくことを決意し、表現したものでありこの「清涼素秋」訪問着を最高傑作に評価する人も少なくないと言われています。
今回の羽田友禅 三代継承展にてこの「清涼素秋」訪問着を特別展示する許可をいただきました。
偉大な人間国宝が手掛けた傑作を間近でご覧いただけるまたとない機会です。

手描き友禅に独自の境地を開いたものとして高く評価され、
その技術や想いは羽田登喜男氏のご子息・登氏へそしてその娘・登喜氏へと三代の時を超えて受け継がれている羽田友禅をどうぞご覧ください。

催事情報EVENT

各種サービスSERVICE

  • 取り扱いブランド
  • きものメンテナンス
  • 和わ・和ゆうの着方レッスン
  • 手織り博多おりひめ

おすすめ商品ITEM

お知らせNEWS

新型コロナウイルスへの対策について

株式会社 尾東では新型コロナウイルスの感染拡大に備え、お客様および従業員の安心と安全のため、下記の拡散防止対策を実施しております。

 

1.お客様の健康と安全を考慮し、全スタッフがマスクを着用し対応させて頂きます。

2.店内入口にアルコール消毒液を設置いたしておりますので、ご入店の際は手指の消毒にご協力をお願い致します。

3.出勤前の検温など、スタッフ個人の健康状態を日々確認しております。

※37.5度以上の発熱が確認された従業員は出勤停止とします。

各店舗の営業時間につきましては、出店先のショッピングセンターの方針に準じております。

お手数ですが、各ショッピングセンターのホームページにてご確認下さい。

皆様にはご不便をおかけしますが、お客様と従業員の安心と安全を第一に考えて営業いたします。

新型コロナ感染拡大防止へのご協力を何卒よろしくお願い致します。

和わ・和ゆうWEBサイトリニューアルのお知らせ

日頃より、和わ・和ゆうのWEBサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、スマートフォンやタブレット端末からもご覧いただけるレスポンシブ対応にするとともに、サイトを全面的にリニューアルいたしました。
これから皆様の着物ライフのお役に立つ情報のご提供や、内容の充実に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。